四条烏丸 愛歯科医院 | 顕微鏡歯科 予防歯科 矯正歯科 口臭外来 CT | 院長ブログ

愛歯科医院・院長のブログです

*

MRIと歯の治療に使う金属

   

「歯に金属の詰め物がしてあるのだけど、MRI検査はできますか?」
「放射線の先生から、外せる歯は外しておいてくださいと言われました。前歯の差し歯が、先日つけてもらったばかりなのですが」

一年に何度かというくらいの頻度で、このようなご質問をいただきます。

結論から書きます。MRI検査では歯の金属を外す必要はないと私は考えています。

「外せる歯」とは、ご自身で取り外しが可能な歯のことです。つまり「入れ歯」です。

MRIとは正式には核磁気共鳴画像法(英語: magnetic resonance imaging)というもので、磁力を用いています。
金属のうちで磁性があるものは撮影に影響があると考えることができます。
ただし頭部MRI検査で撮影する範囲は、歯がある範囲とは外れています。
インプラントは歯の詰め物よりも深い位置にありますが、それでも頭部MRI検査は可能です。

厳密に言うと歯科用金属やインプラントも、MRIで撮影される画像に影響を与えるようです。
だからといってMRIの撮影のために歯に取り付けた金属類をすべて外すことも現実的ではありません。

歯の治療で用いられる金属類の中では、入れ歯に使う磁性アタッチメントという装置がもっとも磁力を持っています。
これは磁石そのものですから当然ですね。

磁性アタッチメント義歯

ただしこの場合でも、磁石そのものは取り外せる入れ歯の方に組み込んでありますから、入れ歯を外せばよいものと考えます。
外した磁性アタッチメント付きの義歯は、MRI検査室の中には持ち込まないようにしてください。
身の回り品の金属類(アクセサリーや腕時計など)と同じように、検査室の外で保管してください。
磁性アタッチメントの磁力が弱くなる可能性があります。

磁性アタッチメントを使っている場合、患者さんにはその旨を記したカードが渡されます。
そのカードは放射線技師の方にご覧に入れるようにしてください。

MRIの撮影のために歯の金属をすべて外した、という経験はいまのところ私にはありません。

京都市中京区 四条烏丸の顕微鏡歯科 愛歯科医院 院長 金明善


 - Uncategorized

  関連記事

愛歯科医院に2台目のオートクレーブを導入しました

みなさんこんにちは。京都市中京区 四条烏丸 愛歯科医院の金です。 先日、私たちの …

日本口臭学会・第5回学術大会ー番外編

今回は、先日参加した日本口臭学会での番外の一コマについて。 みなさん、「近大マグ …

10回目の開設記念日を迎えました

2014年5月12日、愛歯科医院は10回目の開設記念日を迎えました。 2004年 …

ラズパイ3その1
ラズベリーパイを買ってみました

Raspberry Pi 3 Model Bを導入しました。愛歯科医院の待合室における”メディアセンター”として活用しようと企図しています。

Qraycam
Qraycamを導入しました

先日ご報告したこちらのQrayシステムのうち、今回(2015年3月)の訪韓でQr …

ゴールデンウィークの過ごし方 in 2014

5月3日から6日の4連休、実はこの間はずっと医院にこもっておりました。 事務作業 …