四条烏丸 愛歯科医院 | 顕微鏡歯科 予防歯科 矯正歯科 口臭外来 CT | 院長ブログ

愛歯科医院・院長のブログです

*

精密むし歯治療の一例・170628

   

本日も精密むし歯治療の一例をご紹介します。
マイクロスコープを活用したダイレクトボンディングということで、「マイクロダイレクト」という表現もできます。
治療前
こちらの写真では、矢印で示したところにむし歯がありました。左上の第2小臼歯です。

こんかいこのむし歯に対して、精密むし歯治療(マイクロダイレクト)で治療にのぞみました。
画像の向きが反対になっているように見えますが、治療前の写真は直接カメラで撮影した写真となっており、処置中の写真はマイクロスコープ(顕微鏡)使いながらデンタルミラーで見ている画像の記録となっています。
一回目の1
むし歯を取り除きながら掘り進んでいくと、けっっこう深い状態でした。

一回目の2
こちらの写真はむし歯をとりきったときの一枚です。
幸いなことに、神経(歯髄)は露出しないですみました。

日を改めて、痛みなどの症状が出ていないことを確認しました。
むし歯で空いた穴を単にふさぐだけでなく、審美的に修復するダイレクトボンディング法の出番です。

治療後

こちらが治療完了後の写真です。
通常とは違い、あえて角度をつけて撮影した一枚です。
「自然」な形で治療を終えられたかな、と思っています。

むし歯になってしまったところを過不足なくとりのぞいて、歯の「神経」を保護するという「治療」的な側面と、審美的に歯の形を再生させる「修復」的な側面とを両立させた、精密むし歯治療(臼歯マイクロダイレクト)が実践できたと思います。

京都市中京区 四条烏丸の顕微鏡歯科 愛歯科医院 院長 金明善


 - ダイレクトボンディング, 治療例, 精密むし歯治療, 顕微鏡歯科 , , ,

  関連記事

オールセラミッククラウンの治療例
オールセラミッククラウンの治療例

メタルボンドからオールセラミックにやりかえた例をご覧いただきます。

ダイレクトボンディング170425
今日のダイレクトボンディング(2017年4月25日)

ダイレクトボンディングを行って、歯の形態を修復しました。

移植後10年経過
自家歯牙移植・10年経過したケース

京都市中京区 愛歯科医院 院長の金です。 本日は治療例のご紹介をひとつ。 もう1 …

歯根破折
抜歯にいたる原因の一つ、歯根破折

歯の根が割れてしまった場合、やむなく抜歯となるケースが多いです。割れた歯を接着して再植、という治療法もありますし、当院でも行ったことがありますが、すべてのケースで可能な治療法ではありません。

MTAによる覆髄
2014年の振り返り・その3・直接覆髄の成績向上

「直接覆髄」というと専門用語そのままなのですが、平易な言葉で言い換えると次のよう …

JAMD2017
日本顕微鏡歯科学会第14回学術大会・3日目

日本顕微鏡歯科学会の第14回学術大会3日目、衛生士セッションにも参加してきました。

ポスター発表2017
日本顕微鏡歯科学会の第14回学術大会でポスター発表を行ってきました

日本顕微鏡歯科学会の第14回学術大会でポスター発表を行いました。

MTAで歯髄を保護
歯髄を温存した精密むし歯治療の一例・170727

深いむし歯でしたが歯髄(歯の神経)を温存しながら治療を終えることができました。

DB150829
ダイレクトボンディングによるすきっ歯治療の特徴、メリットとデメリットについて

ダイレクトボンディングによるすきっ歯治療の特徴、メリットとデメリットについて解説します。

すきっ歯治療・ダイレクトボンディング
すきっ歯治療解説・ダイレクトボンディング編・2016年3月

みなさんこんにちは。京都市中京区 愛歯科医院 院長の金です。 本日は、「すきっ歯 …