四条烏丸 愛歯科医院 | 顕微鏡歯科 予防歯科 矯正歯科 口臭外来 CT | 院長ブログ

愛歯科医院・院長のブログです

*

2017年を象徴するような

   

歯髄を温存してダイレクトボンディング

神経にまで達するような深い虫歯で、神経を抜くことなく温存して、ダイレクトボンディングで治療修復した一例です。

他の治療でその後もご来院いただいていますので、術後の経過を注意深く見ています。
今のところ不快症状もなく、歯の神経は元気に機能してくれているようです。

昨年はこのような治療、つまり歯の神経(歯髄)を温存してダイレクトボンディングで治療修復する ー ということに一年間ずっと注力してきたように思います。
こういうことができるようになったのもMTAセメントのおかげです。
もちろんその使い方をご教示いただいた先達の先生方のおかげでもあります。

この方法が現在では患者さんにとっていい方法であると判断しています。
ただし、長期経過をたどった後でどのような結果になるか、それはまだ分かりません。
5年後、10年後になったとき、私は今とは違う主張をしているかもしれません。

ただ言えるのは、神経を抜いてしまったらもう元には戻せないということです。
そのため、仮に100%の保証はできないとしても、まずは神経を残すように頑張ってみたい、そう判断して診療にのぞんでいます。


もう今日は1月8日ですね。気がつけばしばらく投稿していませんでした。
2018年も精進して参りますので、よろしくお願い申し上げます。


 - MTA, ダイレクトボンディング, 治療例, 顕微鏡歯科 , , ,

  関連記事

ウォーキングブリーチ
ウォーキングブリーチの治療例

ウォーキングブリーチの治療例を紹介します。ウォーキングブリーチとは、神経がなくなっていて、変色している歯に対して行う漂白法です。

デモンストレーション
金沢で講師をしてまいりました

【pdイントロダクションセミナー in 金沢】 2015年2月22日、(株)モリ …

移植後10年経過
自家歯牙移植・10年経過したケース

京都市中京区 愛歯科医院 院長の金です。 本日は治療例のご紹介をひとつ。 もう1 …

DB150829
すきっ歯治療解説・ダイレクトボンディング編・2015年8月

みなさまこんにちは。京都市 中京区 愛歯科医院の院長、金明善です。 本日は、ダイ …

日本歯科評論2016年8月号
治療例が専門家向け雑誌に掲載されました

「日本歯科評論」という雑誌に、愛歯科医院での治療例が掲載されました。 雑誌とはい …

すきっ歯治療・ダイレクトボンディング
すきっ歯治療解説・ダイレクトボンディング編・2016年3月

みなさんこんにちは。京都市中京区 愛歯科医院 院長の金です。 本日は、「すきっ歯 …

マイクロスコープノート
連休明けの初日(2017-05-08)

ゴールデンウィークの連休があけて、本日より日常診療です。今日も顕微鏡pd歯科診療を実践しました。

マイクロスコープの活用
福井で一日講師をつとめてまいりました

2015年11月15日の日曜日、福井県にて開催された、pdイントロダクションセミ …

OrthoMTA
OrthoMTAのFAQ(歯科医師向け)

歯科医師の先生方に向けて、MTA根管充填材であるOrthoMTAのFAQをご紹介申し上げます。

リクッチ
2017年1月のご報告

本日は1月31日。2017年の1月も、もう終わりですね。 つい先日、年が明けたな …